76d84f04.jpg京都の新景観施策
古都の眺望景観を守るため京都市は24日、看板などの屋上広告物や、
屋外の点滅照明広告物を、それぞれ市内全域で全面禁止する新たな景観施策案を発表した。
バナーブログランキング・にほんブログ村<br>
<A href=Blog Ranking 壱番街
ブログランキングに登録中!1クリック!
標高を基準にした建築物の高さ制限も導入する。広告物規制は既に設置されているものも
対象にする方針で、市都市計画局は「市全域での規制は例がない。世界に誇る歴史都市空間にしたい」
としている。市民の意見も聴いて条例改正案や新条例案をまとめ、来年2月の定例市議会に提案。
可決されれば07年度の早期に施行する。
 広告物の規制については、屋外広告物条例の改正で対応する。点滅照明広告は屋上でなくても規制する。
建物と一体になっており、商品名や企業名、店名がついたり消えたりするものなどが対象。
常時照明がついている場合は対象外となる。
 市は、既存のものも含めて6年後をめどに全廃したいとしている。規制対象となる広告物の数は調査中。
業者が従わない場合は撤去を促し、営業停止や業者名の公表も検討する。
広告主に対しても、3年ごとに維持管理・保守点検と報告を義務付ける。
 一方、高さ制限強化については新条例も制定する。市中心地区(1万5000ヘクタール)では、
新規の建築物の高さ規制を地区によってそれぞれ2〜16メートル厳しくし、31〜8メートルに
制限してデザインも規制する。特に、仁和寺など世界遺産や、著名な観光地38カ所の周辺では、
日本瓦や土塀など和風デザインを義務化するなど、地域の特性にあった様式にする。
 さらにこの28カ所では、新規の建物は地面からの高さではなく、標高でも規制する。(略)
市によると標高での規制は全国初という。
 市は案に対する意見を27日から12月28日まで募集する。
 市は、開発の動きが活発化していることを受けて今年4月、
町家が軒を連ねる中心部で高さ規制の強化を打ち出し、次の手を検討していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061125-00000025-maip-soci



だそうで。
景観を気にする観光都市には広がっていきそうですね。